CommunityOne

暮らしのお役立ち情報

その他のお問い合わせの方

管理会社をお探しの方

トップマンションにお住まいのお客様 > 保険

マンションにお住まいのお客様

保険

豊富な保険商品の中から
マンション管理会社ならではの
お客様にあった保険をご提案します。

地震や台風、大雨などの自然災害、火災や偶然の破損事故、そして漏水――どのようなマンションにも災害や事故が起こるリスクはあります。マンションの管理組合にかかわる保険を中心として居住者の大切な資産をお守りするために、豊富な知識と経験を持つ保険専門スタッフが、マンション管理専業のノウハウを活かし、専有部分の火災保険のリスク管理・保険設計をご提案いたします。

多くのリスクに備えるマンション保険

普段は安全に暮らしているマンションも、災害や事故のリスクと無縁ではありません。近年の異常気象により突如起こる台風や大雨などの自然災害や、高確率で発生が予想される大地震、さらに火災や偶然な破損事故、設備の老朽化による水漏れなど、さまざまな事故・災害に見舞われる可能性があります。こうした万一の事態に備えるのがマンション保険。専有部分のリスクに個人で備えておく必要があります。

専有部分の物損事故は個人でカバー

マンション保険でポイントになるのが、その補償範囲。補償範囲は共用部分と専有部分に分かれ、共用部分にかかわる被害は管理組合が加入する保険がカバーします。また、漏水で階下の住居に被害が及んだ場合など、専有部分の賠償事故も管理組合加入の保険(個人賠償包括特約)で補償されます。しかし、専有部分に被った物損事故に関しては、個人加入の火災保険で備えなくてはなりません。自然災害や火災などの事故はもちろん、自室の漏水による建物や家財の損害、盗難、さらに偶然の事故による家財の損傷など、専有部分のリスクはさまざま。マンションの立地や建物の特徴などによっても変わってきます。また、保険の対象目的には建物、家財、設備建物(内装)・家財・設備什器・商品製品などがあり、生活スタイルに合わせて選択できます。

専門スタッフがお客様にあった保険をご提案

コミュニティワンでは各マンションの立地や建物の特徴を踏まえて、経験豊富な専門スタッフがお客様にあった保険を区分所有者・居住者にご提案。最近では災害の増加による保険料値上げの動きも考慮するなど、適切な保険設計を行っています。また事故発生時には、マンションパートナーや専門スタッフが連携し、事故の受付から原因調査や保険金請求の事務処理、工事まで迅速に対応。保険についてのお問い合わせ・ご相談はコミュニティワン保険事業部にお気軽にお申し付けください。

マンション総合保険の補償範囲

マンション総合保険の補償範囲

マンション総合保険の補償範囲

【基本補償】

①火災、②落雷、③破裂・爆発、④風災・雹(ひょう)災・雪災害、
⑤車両等またはその他建物外部からの物体の衝突など、⑥騒擾(そうじょう)・労働争議など、
⑦盗難による盗取・損傷・汚損、⑧水漏れ、⑨その他偶然の破損事故など

【地震】

①地震による火災、②地震による倒壊、③津波による流失など

【特約】

①水災(水害危険補償特約〈床上浸水または地盤面45㎝を超える浸水により被害を受けた場合〉)、
②個人の賠償責任(個人賠償責任補償特約)、③施設の賠償責任、
④共用部分の設備の電気的・機械的事故の補償

※基本的には、共用部分のマンション総合保険の特約として全世帯の加入をしておりますが、管理組合様によっては、個人賠償特約に加入していない、または1事故あたりの保険金額が不足気味の場合があります。

上記はマンション保険の概要を説明したものです。
引受保険会社により補償内容や特約の名称等が異なります。
ご契約にあたっては必ず各社商品パンフレットおよび「重要事項の説明 契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をあわせてご覧ください。また、詳しくは「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意していますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。ご不明な点につきましては、取扱代理店または引受保険会社にお問合せください。

<上記内容承認保険会社>

取扱保険会社 東京海上日動火災保険株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、AIG損害保険株式会社、セコム損害保険株式会社、日新火災海上保険株式会社
取扱保険会社
東京海上日動火災保険株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、AIG損害保険株式会社、セコム損害保険株式会社、日新火災海上保険株式会社

お客様への販売・勧誘にあたって

お客様の視点に立って
ご満足いただけるように努めます。

保険その他の金融商品の販売にあたって

  • お客様の商品に関する知識、購入経験、購入目的、財産状況など、商品の特性に応じた必要な事項を総合的に勘案し、お客様のご意向と実情に沿った商品の説明および提供に努めます。
  • 特に市場リスクを伴う投資性商品については、そのリスクの内容について適切な説明に努めます。
  • お客様にご迷惑をおかけする時間帯や場所、方法での勧誘はいたしません。
  • お客様に商品についての重要事項を正しくご理解いただけるように努めます。また、販売形態に応じて適切な説明に努めます。

各種の対応にあたって

  • お客様からのお問い合わせには、迅速・適切・丁寧な対応に努めます。
  • 保険金等のご請求手続きにあたりましては、迅速・適切・丁寧な対応に努めます。
  • お客様のご意見・ご要望を販売活動に生かしてまいります。

各種法令を遵守し、
保険その他の金融商品の適正な販売に努めます。

  • 保険業法、金融商品の販売等に関する法律、消費者契約法、金融商品取引法、個人情報の保護に関する法律、その他の関係法令等を遵守します。
  • 適正な販売を行うために、事務管理体制の整備や販売にあたる者の研修に取り組みます。
  • お客様のプライバシーを尊重するとともに、お客様に関する情報については、適正な取扱いおよび厳正な管理をいたします。
  • 未成年の方、特に満15歳未満の方を被保険者とする保険契約等については、保険金の不正取得を防止する観点から適切な募集に努めます。

以上の方針は「金融商品の販売等に関する法律」(平成12年法律第101号)に基づく弊店の「勧誘方針」です。

<代理店名・各種ご相談、お問合わせ窓口>
コミュニティワン株式会社

0120-50-8727