CommunityOne

暮らしのお役立ち情報

その他のお問い合わせの方

管理会社をお探しの方

トップMansion Style ~暮らしのお役立ち情報~ > 資産価値向上委員会 vol.32

Mansion Style ~暮らしのお役立ち情報~

資産価値向上委員会

キッチンや洗面台など水回りの設備は、点検や交換を怠ると水漏れなどのトラブルに直結します。給排水管を含めて早めの対応が快適な暮らしを守ります。

築30年を超える建物では錆びやすい管が使われている

適切な診断で給排水管の状況を知ることから

こちらは築30年を経過したマンションの枝菅。ご覧のようにかなり錆びついており、水漏れをおこしている状態。普段は目に見えない部分なので、こうなってしまう前の、早めのチェックが必要です。

マンションには給排水のための管が縦横に巡らされています。給排水とも、太い管が縦方向に通り(竪管)、そこから細い管が横に這って(枝管)、住戸内の水回りにつながっています。これらの配管は、およそ30~40年毎を目安に大規模なメンテナンスや交換が必要です。特に築30年を超える建物では錆びやすい材質が使われているので、早めの交換が必要となります。
ここで注意したいのは、枝菅は基本的に専有部分であるということ。共用部の竪管は管理組合が主導して大規模修繕等で一斉工事をしますが、枝菅の維持修繕は区分所有者に責任があるのが一般的。漏水事故などをおこす前に、早めに状況をチェックし、いつ、どのような工事をすべきか、方針を立てることが必要です。

  • 佐藤 学

    第一事業部
    リフォーム部 リフォームチーム
    マネージャー

  • 柳原和人

    第二事業部
    リフォーム部 リフォームチーム
    主任

設備機器は高性能化と共に寿命が短くなっている

壊れてからではなく、壊れる前に交換を

給排水管と同時に、キッチンや洗面・トイレなどの設備機器や給湯器の点検や交換も快適な暮らしを維持するために欠かせません。
現在の設備機器は複雑・精密な構造になっており、寿命も短くなりました。例えば温水洗浄機能付きトイレは、設計寿命が10年程度。15年を過ぎれば買い換えの検討が必要です。給湯器も10年から15年が目安。壊れてからの交換では、お湯が使えない期間が発生する場合も。また、急ぎの復旧が最優先になるので、気に入った機器をじっくり選ぶことができない、という可能性もあります。さらに、機器寿命の終盤はエネルギー効率も落ちており、電気やガスの消費量が増えたり、CO2の排出量が多くなっています。早めの交換が、快適な暮らしにつながるのです。

リフォームは建物を知り、アフターも任せられるところに

すべてをパッケージにしたお得なプランも

リフォーム工事については多くの情報があり、どこに依頼するか選択に悩まされることがあります。
業者選びのポイントは何か――それはまず建物をよく知っているかどうかです。水回り設備の交換は、壁内や床下の配管に関する作業が必要になり、どんな材質の配管がどこに通っているかを知ることが工事の大前提です。建物の構造や現況に詳しい管理会社ならスムーズな工事を行えるでしょう。また工事中の他住戸への配慮や工事後のメンテナンスもポイント。細やかなケアまでを総合的に考えれば、管理会社にお任せいただくのが安心です。

こちらのチラシをチェック! チラシ

コミュニティワンではオススメの住宅設備機器を、標準工事費も含めた安心の価格プランでご提案しています。お得なパッケージプランなども数多く用意していますので、お気軽にご相談ください。※お住まいの地域によって本チラシの配布時期、及び提供サービスは異なります

「Mansion Style ~暮らしのお役立ち情報~」トップへ戻る