トップMansion Style ~暮らしのお役立ち情報~ > 資産価値向上委員会 vol.34

Mansion Style ~暮らしのお役立ち情報~

資産価値向上委員会

快適な暮らしと資産価値の維持・向上に欠かせない清掃。
コミュニティワンはマンションパートナーとクリーンマスターが一体となって清掃業務を行っています。

清掃のプロフェッショナルが全国で活躍しています

クリーンマスターとマンションパートナー

  • コミュニティワンでは「マンション管理共同職業訓練協会」が実施する管理員研修カリキュラムを導入し、清掃を含む、管理業務の総合的な教育を行っています。

日々の清掃で中心的な担い手となるのがマンションパートナー(管理員)です。コミュニティワンでは、「清掃」をマンションパートナーのもっとも重要な基本業務のひとつに設定。清掃技術の向上を図るため、清掃についての高い知識と技術を持った専門社員「クリーンマスター」を全国各エリアに配置して、レベルの向上に努めています。
クリーンマスターが伝授する内容は多岐にわたります。建築部材毎に対応する最適な清掃用具や正しい使用方法、汚れのタイプ別に選択するべき洗剤の種類などがあたります。各マンションに応じた清掃方法の指導を、直接巡回しながら定期的に行っています。
現場以外でもクリーンマスターの知識が発揮されるのが研修です。コミュニティワンではマンションパートナーに対して継続的な研修プログラムを用意しておりますが、中でも着任前研修時にはクリーンマスターが講師として直接教育にあたります。清掃目的の正しい理解や具体的な進め方の指導も行っています。

BOARD MEMBER
  • 甲田正一

    甲田正一

    マンション企画部
    マンションパートナー統括課 調査役

  • 仲林邦彦

    仲林邦彦

    第二事業部 横浜支店
    クリーンマスター

技術だけでなく、ツールの性能も重視

プロが選んだ最新の掃除道具

マンション清掃の要、クリーンマスターは、日常的に清掃道具や洗剤などの開発動向や新製品をチェックしており、性能の高いものについては、全国の管理組合に導入を推奨しています。
とくに最近、進化が著しいものが、窓拭きや床の清掃に使うクリーナーやワイパー類。ヘッドが常に最適の角度を保つような構造になっていたり、水絞りが簡単にできるような機構がプラスされていたりなど、さまざまな工夫が施されています。道具そのものの性能や使いやすさは清掃作業の効率アップに大きく寄与しますし、清掃範囲を広げたり、全体的なクオリティの底上げにもつながります。
クリーンマスターが実際に試してみて、その性能に太鼓判を押す掃除道具をいくつかご紹介します。

  • EFフレックスワイパー ハンディ24

    洗剤をつけるスポンジ面と水切り用のゴムが表裏で一体化された、窓掃除用の便利なワイパー。¥1,570(税抜)/テラモト http://www.teramoto.co.jp

  • EFウィンドークリーナー

    手が届かない高い位置の窓も掃除できるクリーナー。4種類の角度でヘッド部分が固定できる。¥3,600(税抜)/テラモト http://www.teramoto.co.jp

    ComOne
    システムクロス

    洗剤無しでも、水を含ませるだけでミクロの繊維が汚れをしっかり拭き取るシステムクロス。4枚セット。¥1,000(税抜)/コミュニティワン

  • コンドル
    PVAスポンジワイパー

    ステンレスハンドルのスポンジワイパー。柄のレバーを引くだけでしっかり水絞りができます。¥3,200(税抜)/山崎産業 http://www.yamazaki-sangyo.co.jp/

日常の積み重ねに加えて、計画性も重要

マンションには3つの清掃が必要です

マンションの清掃には、マンションパートナーが毎日行っている「日常清掃」に加え、「定期清掃」「特別清掃」の3種類があります。これらを組み合わせて行うことで、マンションの美観を保全しています。

【マンションの第一印象は日常清掃で決まります】

その名の通り、マンションパートナーが毎日実施している清掃業務が日常清掃です。マンションの共用部全般でゴミを取り除いたり、汚れを拭いたり、ホコリを掃いたりする基本的な清掃になります。
とくに館名盤や正面玄関のガラスドア、集合ポスト、オートロックのパネル、掲示板、管理室の窓、ゴミ置き場、エレベーターのカゴ内などは目に付きやすい場所であり、重要な清掃ポイントです。
これらの場所は、住民の方々だけでなく、来訪者も目にするマンションの〝顔〟ともいうべき部分であり、常に美観を保ち、気持ちの良いマンションだと感じていただけるよう、念入りに清掃を行っています。

日常的に通行したり使用したりする部分を中心に、掃き・拭き掃除を実施。共用部分の照明も丁寧に清掃。

【普通の掃除で取れない汚れは定期清掃で対応】

定期清掃とは、日常清掃の掃く・拭くといった作業では取りきれない汚れを除去し、建物を長期にわたり美しく保つべく、年に数回の頻度で実施する清掃業務のことを指します(マンションの規模や築年数によって回数は異なります)。業務は清掃専門の業者が、専用マシンを用いて実施します。
代表的なものは床清掃です。共用部分の廊下に多く使われている素材、「塩化ビニール製ノンスリップシート」に最適な洗剤を使い、ポリッシャーによるブラッシングやワックス塗布を行います。さらに石張りの外部エントランスや、外階段に対する高圧洗浄などもあります。日常清掃と併せて定期的に実施すれば建物をよりきれいに保つことができ、快適に生活していただけます。

どうしても汚れが堆積しやすい開放廊下や外階段などの共用部が主な対象となります。ポリッシャーや高圧洗浄といった、清掃用のマシンを使って、徹底的に磨き上げます。

【美観に加え、資産価値の向上も図る特別清掃

日常清掃と定期清掃をきちんと実施することで、マンションの美観維持や耐久性の維持向上は十分に図ることができます。しかし、各住戸のバルコニー、共用部のゴミ置き場、外壁や屋根などについては、別途特別な清掃が必要になります。
コミュニティワンでは、マンション毎に状況をチェックして管理組合に特別清掃をご提案し、ご検討をいただいた上で実施しています。

特別清掃はアプローチやゴミ置き場、駐車場の屋根、外壁などが主な対象です。アプローチのタイルも高圧洗浄マシンでご覧の通りピカピカに。

「Mansion Style ~暮らしのお役立ち情報~」トップへ戻る