コミュニティワン株式会社 社員紹介

INTERVIEW

マンション会計・出納

武井 千尋東京第三支店 業務課

会計のプロとして
お客様の生活を支えるという誇り

仕事の内容

主に、マンションの管理組合の収支報告書や次年度予算書の作成、費用の支払いなどの会計業務や、区分所有者から管理組合に納入する管理費などの出納業務、各種契約書の作成です。書面上の業務だけではなく実際の支払いにも出かけます。集金代行のチェックも行い、滞納者には営業を通して督促もします。無事入金されるとほっとしますね。

「会計が正確で安心」との言葉にやる気アップ

お客様のお金をお預かりする仕事ですから、大規模マンションになると扱う額も億単位。支払いのときは緊張しますし、信頼を保ち続けるよう、1円の間違いもあってはならないと常に気を張っていますね。それだけに、お客様に「会計業務がしっかりしているから安心」と言われたときはモチベーションが上がります。また社内外にかかわらず、会計のプロとして頼りにされたときや感謝されたときも、この仕事をやっていてよかったと感じます。

プロの目線で会計面からお客様をサポート

毎月の収支を見ると、管理組合がどういった管理を重視したり気を使っているかわかりますし、時には「もうすぐ大規模修繕なのに、このままの収支で大丈夫?」という場合もあります。その際営業からの情報を確認したり、気になる点は営業に伝えたりして共有しています。営業と調整案を考えることもありますね。収支のバランスを見るのは会計業務の基本。将来お客様が資金面で困ることのないようプロの目線で収支を常にチェックしています。会計面からお客様の豊かな生活をサポートしているという自負がこの仕事にはありますね。

社内業務の連携が自分自身の成長につながった

この会社は営業や会計、工事など社内が密に連携しているのが誇れる点。私も自分の業務だけではなく、直接お客様と接する営業や工事などの技術スタッフがどのような段取りで仕事を進めているのか考えるようにしていますね。職場も和気あいあいとして、困ったことがあっても気軽に相談できる雰囲気。他の課と連携して業務を進める中で、会計の知識だけでなく、建築・設備などマンションに関する知識を幅広く習得でき、自分の成長を実感しています。マンション管理会社の中でもこの会社に入社してよかったとあらためて思います。

休日の過ごし方

休日は買い物に出かけたり、ネイルに行ったりして、仕事モードから気分を切り替えています。でも通りすがりにマンションがあると、どこの管理会社なのか、つい確認してしまいますが…。

オフの様子
一日のタイムスケジュール
08:45
出社
9:00
メール・指示事項のチェック、
各管理組合様の預金口座の前日の
入出金状況のチェック、入出金伝票の入力
12:30
休憩
13:30
資金移動データの作成・送信、他部署からの依頼事項対応、管理組合様の収支報告書(証憑含む)のチェック、翌日の業務内容チェック
18:00
退社

※社員の所属などは取材当時のものです。